鳩の対策はシッカリ行なうものです|確実に害を無くす方法

危険性を理解しておく

ハト

建物の事情も考慮する

蜂と人間の関係には長い歴史があり、蜂蜜を利用した食品が世界各地で代々受け継がれ、現代に昔懐かしい味として数多く残されています。養蜂として利用されているのは、おとなしい種類のミツバチです。同じ蜂でもスズメバチは、巣に近づくだけでも毒針で攻撃してくるので、人間や動物に害をもたらす種類として、非常に恐れられています。そこで多くの人に支持されているのが、蜂駆除を専門に取り扱う業者です。個人で使用できるような駆除グッズも販売されていますが、安全で確実に駆除をするなら、やはり専門家に任せるのが安心といえます。特に都市部では建物の間隔が狭く、素人が駆除で失敗した場合、本人だけではなく、周り近所に被害が拡大してしまう危険性もあるのです。こういった現代の事情も重なり、専門家による駆除が人気となっています。

習性にも注意

蜂は巣作りの際に、材料の採取場所と頻繁に往復します。このときに注意したいのが、個体ごとに、ほとんど同じコースを通るという点です。知らずにコースを塞ぐように立っていて、急に刺されてしまった、というケースも多くなっています。上述のように建物が立ち並ぶ都市部では、複数の個体が往復する場合、コースが一定となる傾向です。駆除で巣を特定する作業においても、数時間は様子を見るなど、十分すぎるほどの注意が望ましいといえます。このほか、比較的広く知られている、黒い色に反応して攻撃してくるというのは事実です。個人で駆除を行う場合にはもちろんのこと、蜂の姿を見かけたら髪の毛を覆ったり、黒い服装には注意すると良いでしょう。